浦安音楽ホールで「青少年のためのレクチャーコンサート」

今日は浦安音楽ホールで「青少年のためのレクチャーコンサート」。先日の北九州響ホールと同じプログラムで、小学4年生から中学生までの幅広い年齢層が聞きに来てくれました。

4月にオープンしたばかりのホールの音響は噂通り素晴らしいもので、バッハとパガニーニで聴くデルジェスの野太いG線の魅力から、フランクのソナタにおけるピアノとヴァイオリンの情熱的な対話、江口さんの奏でる柔らかい音色のシューベルトの即興曲、クライスラー(優雅なウィーン風ワルツ)、バルトーク(力強い土着の踊り)、ラヴェル(ロマの情感たっぷりな語りと踊り)など、集中して聴いてくれていたのが印象的でした。

25351960_1751233788244212_1304279377047418237_o.jpg

25487601_1752444531456471_2575504638249938129_o.jpg

このブログ記事について

このページは、Reiko Watanabeが2017年12月17日 14:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「車いすコンサート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。